減らせ内臓脂肪!>コレステロール情報
内臓脂肪に関係の深いコレステロールの情報を厳選して紹介します。


コレステロール3つの役割

 コレステロールは細胞膜の構成成分になっています。私たちの体には60兆の細胞があり、細胞の膜をコレステロールの2重の膜が形作っています。

 コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの材料になります。

 コレステロールは胆汁酸の材料になります。胆汁酸は消化液である胆汁の主成分になり肝臓で作られます。



コレステロールは、増えすぎると辛さによくありません。しかしコレステロールは体にとって必要な物であることを覚えておきましょう。


私たちが1日に体の中に取り入れる適正なコレステロールの量は300ミリグラムです(厚生労働省が設定した数値)。

コレステロールが気になる方は、食事に含まれるコレステロールを把握しながら食事を行いましょう。

コレステロールを多く取ると、肝臓のコレステロール濃度が上がり結果として血液中のコレステロール濃度も上がります。

特に肥満気味の方は食事によるコレステロールの変動が顕著に現れるために特に注意が必要です。

コレステロールの数値が正常で、中性脂肪が高い方は比較的コレステロールの量をあまり気にする必要はありません。しかし、摂りすぎは注意が必要です。

コレステロールは1に300ミリグラムまで。





脂肪の基礎知識
 ・体の中にある脂肪
 ・脂肪と歴史
 ・脂肪の役割
 ・食べ物の脂肪は必要
 ・脂肪の蓄積
 ・肥満のタイプ
 ・カロリーについて

内臓脂肪の基礎知識
 ・内臓脂肪とは
 ・生活習慣と内臓脂肪
 ・内臓脂肪を貯める生活
 ・代謝と内臓脂肪燃焼
 ・ダイエットと内臓脂肪
 ・内臓脂肪と病気
 ・内臓脂肪とメタボリック

ダイエット情報
 ・ダイエットコーヒー
 ・ロデオでダイエット
 ・踊って踊ってダイエット♪

 コレステロール情報
コレステロール情報
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・コレステロールと脂質
 ・善と悪のコレステロール
 ・血液の中の脂質

栄養素情報
 ・ビタミンの抗酸化作用
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・ビタミンEと活性酸素
 ・ビタミンの老化防止
 ・水に溶ける食物繊維
 ・サプリメントのちから

食事の基本
 ・食事は30回かむ
 ・野菜を上手に食べる
 ・食事は規則正しく
 ・上手な夕食の食べ方
 ・食事のカロリー計算
 ・小粒でも高カロリー
 ・食事療法と中性脂肪
 ・和食と中性脂肪
 ・お茶とコーヒー

食事とコレステロール
 ・沢山かむ習慣
 ・野菜を食べる習慣
 ・食事は規則正しく
 ・上手に夕食を食べる
 ・食事とカロリー
 ・カロリーOFFの料理

食物繊維とコレステロール
 ・キャベツの食物繊維
 ・大切な食物繊維
 ・こんにゃくの食物繊維

生活習慣とコレステロール
 ・タバコとコレステロール
 ・コレステロールとストレス
 ・寝る前の食事
 ・アルコールと動脈硬化
 ・血液検査の基礎知識
 ・コレステロールと遺伝
 ・睡眠と生活習慣
 ・コレステロールと高脂血症
 ・上下するコレステロール
 ・朝はお湯を飲む週間

キャベツダイエット情報
脂肪とコレステロール
 ・脂肪は必要です
 ・脂肪はたまりやすい
 ・脂肪と単品ダイエット
 ・HDLと中性脂肪

運動とコレステロール
 ・運動とコレステロール
 ・運動と基礎代謝量
 ・運動と血液の脂質
 ・運動と中性脂肪
 ・運動の選び方
 ・準備運動と整理運動
 ・お奨め有酸素運動

食品とコレステロール
 ・青魚とコレステロール
 ・キャベツと食物繊維
 ・椎茸とコレステロール
 ・牛乳とコレステロール
 ・緑茶とコレステロール
 ・魚介類とタウリン
 ・果物のカロリー
 ・玄米とコレステロール
 ・大豆とコレステロール
 ・果物の甘さに注意
 ・海苔とタウリン
 ・納豆とコレステロール
 ・こんにゃくで腸内掃除
 ・ブルーベリーと動脈硬化

 

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。