減らせ内臓脂肪!コレステロール情報>ビタミンEとコレステロール
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

ビタミンEとコレステロール

ビタミンEは抗酸化ビタミンの代表です。

ビタミンEは活性酸素の発生を妨げ、過酸化脂肪の生成を防ぐ働きがあります。

喫煙や紫外線、ストレスなどで細胞が傷付く事を防ぎ動脈硬化糖尿病など生活習慣病の予防に効果があります。

コレステロール値、中性脂肪値が高く生活習慣病の恐れがあるときはビタミンEの力を借りるようにしましょう。


ビタミンEは、ビタミンCと一緒にとると効果がさらに高まります。


 ビタミンEで老化防止
老化は血管からといわれますが、ビタミンEをとると、血液をサラサラにして血行を促進し、血管を保護するため血管の老化を防ぐと言われています。


 ビタミンEと食事
ビタミンEは、植物油、穀類、アーモンドなどのナッツ類、ゴマ、かぼちゃ、ほうれん草などの緑黄色野菜、うなぎ、マグロ、秋刀魚、サバ、イワシなどの魚介類に多く含まれています。





ページのTOPに戻る

栄養素情報
 ・ビタミンの抗酸化作用
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・ビタミンEと活性酸素
 ・ビタミンの老化防止
 ・水に溶ける食物繊維
 ・サプリメントのちから

健康栄養素
 ・ビタミンC
 ・ビタミンE
 ・ベータカロテン
 ・食物繊維
 ・オリゴ糖
 ・タウリン
 ・大豆タンパク
 ・カテキン
 ・EPAとDHA


スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。






内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。