減らせ内臓脂肪!コレステロール情報>お茶とコーヒー
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

お茶とコーヒー

毎日飲んでいるコーヒーやお茶の成分にも、コレステロール中性脂肪の悪影響を改善する働きがある物が含まれています。


 緑茶のカテキン効果
緑茶に含まれるカテキンが動脈硬化に効果あり。

緑茶の渋み成分のカテキンには、抗酸化作用があり血液中のLDL(悪玉コレステロール)の酸化を抑え、動脈硬化を予防する働きがあります。

コレステロール値を低下させる不飽和脂肪酸の働きを助ける効果もあります。


 紅茶のテアルビジン効果
紅茶に含まれるテアルビジンが血液をサラサラに。

紅茶には抗酸化物質カテキンの一種であるテアルビジンが豊富に含まれています。

テアルビジンは動脈硬化を予防し、血液をサラサラにする作用があると言われています。

血管を強くし、高血圧の予防に働くビタミンも含まれています。


 コーヒーの苦味成分
コーヒーに含まれる苦味成分は動脈硬化予防に効果があります。

コーヒーの苦味成分である、クロロゲン酸とコーヒー酸には血管の内側をおおっている血管内皮細胞に働いて、動脈硬化の促進を防ぐ働きがります。

コーヒーにはナイアシンというビタミンB群の一種が豊富です

ナイアシンは、熱に強いビタミンで血液中のコレステロール値を下げる可能性があります

コーヒーの香成分である、ピラジンには、血小板の凝縮を防ぐ働きがある可能性があるので血栓予防の効果が期待されています。





ページのTOPに戻る

食事の基本
 ・食事は30回かむ
 ・野菜を上手に食べる
 ・食事は規則正しく
 ・上手な夕食の食べ方
 ・食事のカロリー計算
 ・小粒でも高カロリー
 ・食事療法と中性脂肪
 ・和食と中性脂肪
 ・お茶とコーヒー

スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

健康栄養素
 ・ビタミンC
 ・ビタミンE
 ・ベータカロテン
 ・食物繊維


内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。