減らせ内臓脂肪!コレステロール情報>タバコとコレステロール
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

タバコとコレステロール

タバコに含まれるニコチンは中性脂肪の元になる遊離脂肪酸を増やす働きがあります。

タバコは百害あって一利なしといわれ健康はもちろん、コレステロールにも影響を与えます。

タバコに含まれるニコチンは、交感神経を刺激するので血圧や心拍数を上げ心臓に負担をかけます。

血液中の遊離脂肪酸を増やす働きがあるため中性脂肪を増やす元にもなります。

ニコチンは血液中のコレステロールの酸化を促し、LDL(悪玉コレステロール)を増やし、HDL(善玉コレステロール)を減らしてしまいます。


このためタバコは動脈硬化を促進する原因になります。


タバコを吸うとダイエットになるという迷信がありますが、間違いです。

喫煙はダイエットになりません。

喫煙者には内臓脂肪型肥満が多いと言うデータが発表されています。


 タバコの悪影響
   ・LDL(悪玉コレステロール)の増加
   ・遊離脂肪酸の増加で中性脂肪も増加
   ・血圧、心拍数の上昇で心臓に負担
   ・ニコチンが血管を収縮
   ・タールが発ガンの原因になる




ページのTOPに戻る

生活習慣とコレステロール
 ・タバコとコレステロール
 ・コレステロールとストレス
 ・寝る前の食事
 ・アルコールと動脈硬化
 ・血液検査の基礎知識
 ・コレステロールと遺伝
 ・睡眠と生活習慣
 ・コレステロールと高脂血症
 ・上下するコレステロール
 ・朝はお湯を飲む週間

スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

生活習慣の改善
 ・タバコとコレステロール
 ・タバコと禁煙生活
 ・水分と血液
 ・早寝早起き生活
 ・ストレスとコレステロール
 ・入浴の健康効果

 

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。