減らせ内臓脂肪!コレステロール情報>寝る前の食事
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

寝る前の食事

夕食は就寝前2時間〜3時間前に済ませるようにします。

寝る前に食事をすると胃腸は刺激を受けて食べ物を消化吸収します。しかし筋肉や他の臓器は睡眠に備えているのでエネルギーをあまり消費しません。

吸収されたエネルギーは中性脂肪に変わり肝臓や脂肪細胞に蓄えられていきます。


私たちの体は交感神経と副交感神経があります。


朝、太陽の光を感じる事で交感神経が働き筋肉や臓器の働きを活発にさせます。

夜になると、副交感神経に切り替わるため睡眠と休養に備え体の筋肉や臓器がリラックスします。

副交感神経の働きが活発な夜に食事をすれば、筋肉があまり働かないためエネルギーが消費されずに中性脂肪として体に蓄えられていきます。





ページのTOPに戻る

生活習慣とコレステロール
 ・タバコとコレステロール
 ・コレステロールとストレス
 ・寝る前の食事
 ・アルコールと動脈硬化
 ・血液検査の基礎知識
 ・コレステロールと遺伝
 ・睡眠と生活習慣
 ・コレステロールと高脂血症
 ・上下するコレステロール
 ・朝はお湯を飲む週間

スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

コレステロールの基礎知識
 ・コレステロール値が高い
 ・コレステロールとは?
 ・LDLとHDLについて
 ・悪玉コレステロール
 ・コレステロール値の上昇
 ・中性脂肪との関係
 ・メタボリックシンドローム
 ・肥満との関係
 ・脂質異常症について
 ・脂質異常の治療



内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。