減らせ内臓脂肪!コレステロール情報>アルコールと動脈硬化
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

アルコールと動脈硬化

適度のアルコールは動脈硬化を抑える。


適度のお酒は食欲を増し、唾液や胃液の分泌を促進し消化機能を高めます。

適量のお酒を飲むことで、血液中のHDL(善玉コレステロール)を上昇させる事が解っています

お酒はストレスの解消にもなります。

お酒の楽しみ方
お酒を楽しんで飲むためには食事とのバランスを考えて飲むようにしましょう。

食事を考えて飲むようにすればお酒の量は少なくても満足できるようになります。

お酒を飲むときは、会話を楽しみながら飲むことも大切です。会話を楽しむ事でゆっくりとしたペースでお酒を楽しむ事が出来ます。


過剰なアルコールは動脈硬化を促進します。

アルコールを過剰に飲むといろいろな弊害があります。

アルコールは、1グラム約7キロカロリーと高エネルギーな飲み物です。

アルコールを沢山飲むことはエネルギーのとり過ぎになり肥満の原因にもなります。

アルコールを沢山飲むことで肝臓で中性脂肪の合成が高まり高中性脂肪血症になる事があります。また、脂肪肝の恐れも出てきます。

中性脂肪が高くなるほどアルコールを飲みすぎるとHDLコレステロールの増加は無くなり動脈硬化が進む結果になります。





ページのTOPに戻る

生活習慣とコレステロール
 ・タバコとコレステロール
 ・コレステロールとストレス
 ・寝る前の食事
 ・アルコールと動脈硬化
 ・血液検査の基礎知識
 ・コレステロールと遺伝
 ・睡眠と生活習慣
 ・コレステロールと高脂血症
 ・上下するコレステロール
 ・朝はお湯を飲む週間

スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

コレステロールの基礎知識
 ・コレステロール値が高い
 ・コレステロールとは?
 ・LDLとHDLについて
 ・悪玉コレステロール
 ・コレステロール値の上昇
 ・中性脂肪との関係
 ・メタボリックシンドローム
 ・肥満との関係
 ・脂質異常症について
 ・脂質異常の治療



内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。