減らせ内臓脂肪!コレステロール情報>椎茸とコレステロール
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

椎茸とコレステロール

椎茸には固有の成分エリタデニンを含んでいます。

椎茸に含まれるエリタデニンは、LDL(亜玉コレステロール)を減らしHDL(善玉コレステロール)を増やす作用があります。

毎日90グラムの生椎茸を1週間食べた結果コレステロール値が10%下がったと言う実験結果も報告されています。

椎茸を食べるときに、バターなどの油物を一緒にとると効果が上がる事も解っています。


椎茸にも食物繊維は含まれており、小腸でコレステロールの吸収を抑え胆汁酸を吸着して便と一緒に余分なコレステロールを排出します。


椎茸には、ナイアシンと言うビタミンB群の一種がたくさん含まれています。

ナイアシンは、中性脂肪が肝臓で吸収されるのを抑えるので血液中の中性脂肪が減少します。


 干し椎茸を使うとき
干し椎茸を使うときは、水で戻した時の戻し汁も使うようにしましょう。

戻し汁には、コレステロール値を下げるエリタデニンのほか、旨み成分がたくさん溶け出しているからです。




ページのTOPに戻る

食品とコレステロール
 ・青魚とコレステロール
 ・キャベツと食物繊維
 ・椎茸とコレステロール
 ・牛乳とコレステロール
 ・緑茶とコレステロール
 ・魚介類とタウリン
 ・果物のカロリー
 ・玄米とコレステロール
 ・大豆とコレステロール
 ・果物の甘さに注意
 ・海苔とタウリン
 ・納豆とコレステロール
 ・こんにゃくで腸内掃除
 ・ブルーベリーと動脈硬化

スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

コレステロールの基本
 ・コレステロールとは
 ・血液とコレステロール
 ・善玉悪玉コレステロール
 ・コレステロールと病気
 ・心臓と脳の病気
 ・コレステロールの値
 ・脂質と中性脂肪
 ・生活習慣との関係
 ・メタボリックとの関係
 ・高脂血症について

内臓脂肪関連書籍 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。