減らせ内臓脂肪!>キャベツダイエット情報

キャベツダイエット情報

毎晩夕食にキャベツを食べる事です。キャベツの食物繊維に注目してみました。

キャベツは年間を通して1個150円〜290円と比較的安く手に入れる事が出来る野菜です。しかも冷蔵庫に入れておけば保存も出来ます。

一番大事なポイントは、調理が簡単な事です。







 夕食キャベツ・簡単クッキング
 鍋にお水を入れます。
 水洗いしたキャベツを適量入れます。(葉4枚ぐらい)
 沸騰したら出来上がり。
 皿に盛り付け、ポン酢でいただきます。

鳥のムネ肉(皮無し)、チクワを入れるとメイン料理にもなります。


 夕食キャベツの威力
夕食にキャベツの説明!!
毎晩キャベツだけを食べる事ではありません。

食事の最初にキャベツを食べてから食事を始めます。キャベツを最初によくかんで食べる事で満腹中枢が刺激され食べすぎを防ぐのと食物繊維をとる事が目的です。

最初にキャベツの目的
 満腹中枢を刺激し食べすぎを防ぐ。
 食物繊維をとる。

キャベツにはドレッシング、マヨネーズはかけません。カロリー、コレステロールのとりすぎになるからです。

管理人BJが行った方法は、キャベツを湯がいて食べました。食べにくいキャベツの芯も柔らかく食べる事が出来ます。味付けはポン酢で食べました。ポン酢のカロリーは1食分11キロカロリーと少ないからです。


コレステロール、中性脂肪ともに下がっています。

管理人BJには、夕食キャベツは効果がありました。ただし効果については個人差がありますのでご注意ください

ページのTOPに戻る

 キャベツダイエット情報
ダイエットの基礎知識
 ・体脂肪とは?
 ・体脂肪の役割
 ・脂肪の使われ方
 ・体重と体脂肪
 ・水と体重
 ・内臓に付く脂肪
 ・脂肪を減らす

体脂肪とダイエット
 ・体脂肪の働き
 ・体脂肪を調べる
 ・脂肪の付き方
 ・脂肪と基礎代謝
 ・皮下脂肪と内臓脂肪
 ・エネルギーと体脂肪
 ・体脂肪と脂肪燃焼
運動とダイエット
 ・ダイエットは運動から
 ・体が使うエネルギー
 ・1日の消費カロリー
 ・寝ながらでも痩せる
 ・無理な運動は厳禁
 ・クレアチンと筋肉
 ・ダイエットと筋肉

キャベツの魅力
 ・歯ごたえで満腹
 ・カロリーが低い
 ・ビタミンCが豊富
 ・食物繊維が豊富
 ・ビタミンUの効果
 ・便秘解消
キャベツダイエットの基本
 ・食前キャベツ
 ・キャベツの食べ方
 ・キャベツと満腹感
 ・キャベツの保存方法
 ・キャベツの芯
 ・キャベツの硬さ対策
 ・外食とキャベツ

キャベツダイエット
 ・諦めないために
 ・ダイエット食事記録
 ・毎日体重を記録する
 ・キャベツをやめない
 ・温キャベツダイエット

 

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。