減らせ内臓脂肪!キャベツダイエット情報>脂肪の使われ方
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

脂肪の使われ方

食事から体のかなに入った脂肪は、口や胃の中ではほとんど消化されません。

脂肪は、口の中の消化酵素や、胃液と混ざり、十二指腸に達します。

ここで胆のうと膵臓から消化酵素のリパーゼが分泌され乳化されます。

乳化することで混合ミセルと呼ばれる結合体が形成され、脂肪は小腸でモノグリセライドと脂肪酸に分解され吸収されます。

吸収された脂質は中性脂肪に再び合成されて肝臓に運ばれます。

肝臓でリポたんぱくとなって血液で全身に運ばれそこでエネルギーとして使われます。





ページのTOPに戻る

ダイエットの基礎知識
 ・体脂肪とは?
 ・体脂肪の役割
 ・脂肪の使われ方
 ・体重と体脂肪
 ・水と体重
 ・内臓に付く脂肪
 ・脂肪を減らす

スポンサードリンク



健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー

 
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。