減らせ内臓脂肪!キャベツダイエット情報>クレアチンと筋肉
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

クレアチンと筋肉

年を取るごとに太りやすくなるのは筋肉が減っていくからです。

筋肉が減るとエネルギーを消費する量が減るため同じ食事量では消費する事が出来ずに太る結果になります。

運動を行い筋肉をつけると、消費するカロリーが多くなるので太りにくくなります。筋肉をつけるときの助けになるのがクレアチンです。


クレアチンとは、魚や肉など動物性タンパク質に含まれます。

体内でも合成されますが30歳を過ぎたころから減少してきます。体内では95%が筋肉に蓄えられ筋肉のエネルギーになります。

しかし年齢とともに減っていくため、野菜中心の食生活者や中高年には不足しがちになります。

クレアチンを飲むだけでは筋肉はつきません。クレアチンは筋肉をつけるための補助と考え、クレアチンを飲んで運動を行うのが最も理想的です。


 クレアチンの効果
 ・筋力が高まります。
 ・筋肉が増えやすくなります。
 ・脳の疲労を抑えます。


クレアチンを取るときの目安は、1日2g〜5gです。カフェインはクレアチンの吸収を押さえるのでコーヒーやお茶といっしょには飲まないようにします。


サプリメントを選ぶときは、クレアチンモノハイドレートと書かれている物が純度が高くお薦めです。





ページのTOPに戻る

運動とダイエット
 ・ダイエットは運動から
 ・体が使うエネルギー
 ・1日の消費カロリー
 ・寝ながらでも痩せる
 ・無理な運動は厳禁
 ・クレアチンと筋肉
 ・ダイエットと筋肉

スポンサードリンク



健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー

 

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。