減らせ内臓脂肪!キャベツダイエット情報>エネルギーと体脂肪
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

エネルギーと体脂肪

食べた食事が全てエネルギーとして使われると体脂肪にはなりません。

食べた食事はエネルギーとして使われ、残りが脂肪細胞に取り込まれ、蓄えられる事で体脂肪が増えていきます。

体を動かして生活し、運動を習慣的に行えば栄養はエネルギーとして使われます。しかし体を動かさないと体脂肪として蓄えられる確率が上がります。


 体脂肪は脂肪細胞に蓄えられます。脂肪細胞は太ももの皮下や内臓の周りの脂肪組織に沢山あります。

脂肪細胞の数が増えたり、脂肪細胞が大きくなったりするとで肥満の原因になります。


 脂肪細胞は胎児期、生後1年間、思春期に一気に増えますが一度増えた脂肪細胞は減らす事は出来ません


 脂肪細胞の中には脂肪が球状になった【油滴】があります。油滴を太らせる事が太る事につながります。

反対に油滴を小さくして脂肪細胞を小さく保てば肥満になる事を避ける事が出来ます。

体を鍛え筋肉をつけることで脂肪を燃焼する事が出来脂肪細胞が小さくなります。これが【痩せる】と言う事です。





ページのTOPに戻る

体脂肪とダイエット
 ・体脂肪の働き
 ・体脂肪を調べる
 ・脂肪の付き方
 ・脂肪と基礎代謝
 ・皮下脂肪と内臓脂肪
 ・エネルギーと体脂肪
 ・体脂肪と脂肪燃焼

スポンサードリンク



健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー

 

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。