減らせ内臓脂肪!キャベツダイエット情報>キャベツの食べ方
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

キャベツの食べ方

よくかんで時間をかけて食べる事がキャベツダイエットの基本です。


食前にキャベツを食べることで、脳に満腹感を感じさせることがポイントになります。

脳が満腹感を感じることで食べ過ぎの予防につながります。


1回の目安は1/6程度のキャベツです。10分程度時間をかけキャベツを食べる事で満腹感が得られ、1時間程度持続します。

食べるのが早い人はキャベツの量を増やしましょう。


キャベツは歯ごたえを残すと食べ応えもあり充分に時間をかけることが出来ます。

生で食べると歯ごたえを楽しむ事が出来、温野菜にすると大量に食べる事が出来ます。


キャベツダイエットでは調味料は使いません。

特に油を使ったドレッシングやマヨネーズは厳禁です。

調味料はカロリーの低いポン酢やノンオイルのドレッシングを使いましょう。





ページのTOPに戻る

キャベツダイエットの基本
 ・食前キャベツ
 ・キャベツの食べ方
 ・キャベツと満腹感
 ・キャベツの保存方法
 ・キャベツの芯
 ・キャベツの硬さ対策
 ・外食とキャベツ

スポンサードリンク



健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー

 

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。