減らせ内臓脂肪!キャベツダイエット情報>キャベツの硬さ対策
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

キャベツの硬さ対策

キャベツの程よい硬さは歯ごたえがあり、よくかむ事で満腹中枢が刺激されダイエット効果につながります。


歯が痛い時などキャベツが硬すぎて食べられない時はきり方を工夫してみましょう。

大きなざく切りでは葉に負担がかかるので太目の短冊切りにすると硬さが気にならなくなります。

さらにせん切りにすると食べやすくなります。

キャベツは切り方に人手間かけるだけで驚くほど食べやすくなります。


切り方を工夫しても食べにくい時は加熱処理をして見ましょう。

電子レンジで少しあたためる、簡単に湯がいてみる。

キャベツは加熱処理すると驚くほど柔らかくなります。

柔らかくなりすぎると食べ応えが少なくなるので出来るだけ歯ごたえを残す事がポイントです。






ページのTOPに戻る

キャベツダイエットの基本
 ・食前キャベツ
 ・キャベツの食べ方
 ・キャベツと満腹感
 ・キャベツの保存方法
 ・キャベツの芯
 ・キャベツの硬さ対策
 ・外食とキャベツ

スポンサードリンク



健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー

 

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。