減らせ内臓脂肪!内臓脂肪情報内臓脂肪基礎知識>内臓肥満
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

内臓肥満

健康面から見た肥満の状態は外見上太っている事ではなく脂肪が一定以上蓄積した状態を言います。
 >> ・肥満の状態

内臓肥満とはお腹周り、特に腸間膜の周囲につく脂肪を内臓脂肪といいます。


内臓脂肪が多くついた状態を、内臓脂肪型肥満と言います。内臓脂肪型肥満は体型の特徴からりんご型肥満とも言われています。


 内臓脂肪型肥満との特徴
脂肪細胞の代謝が活発で生理活性物質の生産も活発。

ホルモン生産が活発のため内臓脂肪が増えるとホルモン環境が変わるため代謝障害が起こりやすくなる。

代謝が活発なため運動や食生活の改善で減らしやすい。

内臓脂肪が体に悪影響を与えやすいので一定以上になると減らす必要がある。

内臓脂肪型肥満が疑われるのは、日本のBMI体格指標では、25以上とされている。





ページのTOPに戻る

内臓脂肪基礎知識
 ・内臓脂肪と病気
 ・内臓脂肪を取るコツ
 ・肥満の状態
 ・内臓肥満
 ・皮下脂肪
 ・脂肪と中性脂肪
 ・中性脂肪を減らす
 ・内臓脂肪が貯まる原因

スポンサードリンク





生命保険の入り方ガイド
生命保険の入り方と基礎知識を紹介。

健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー


内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。