減らせ内臓脂肪!内臓脂肪情報>脂肪肝
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

脂肪肝

内臓脂肪が元になりおこりやすい病気を紹介します。


肝臓に脂肪が過剰にたまる病気を脂肪肝と言います。

健康な人の肝臓には脂肪が3%〜5%ほどあります。

肝臓の脂肪が30%以上になると死亡肝と診断されます。


脂肪肝は肥満の人やお酒を沢山飲む方がかかりやすい病気です。


以前は単独の病気と考えられていましたが、内臓脂肪型肥満の人に脂肪肝を合併する人が多いためメタボリックシンドロームにも関連があると考えられています。


肝臓は、中性脂肪を血液中に放出していますが、中性脂肪の放出が産生に追いつかずに、肝臓に脂肪が溜まってしまった時に脂肪肝になります。

肝臓で脂肪の合成に使うのは、小腸で吸収した脂肪に加えて、糖質も、その材料にする事ができます。

脂肪の摂取が増えなくても、糖質・脂質・蛋白質からの総熱量(総カロリー)が増加すれば、それに応じて、肝臓での脂肪の産生が増加します。

体内で脂肪を主に消費するのは筋肉です。

筋肉は有酸素運動する時に脂肪を消費します。 有酸素運動の不足は血中の脂肪を滞留させて、結果的に脂肪肝を進行させます。




ページのTOPに戻る

内臓脂肪と病気
 ・脂肪肝
 ・痛風
 ・急性膵炎
 ・腰痛、肩こり

スポンサードリンク





生命保険の入り方ガイド
生命保険の入り方と基礎知識を紹介。

健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。