減らせ内臓脂肪!内臓脂肪情報>間食は上手に食べる
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

間食は上手に食べる

お菓子は高カロリーです。お菓子の食べすぎは内臓脂肪を増やす事になるので注意が必要です。


食事に気をつけていても、間食でカロリーを取り過ぎれば確実に内臓脂肪が増えていきます。

お菓子や甘いものには砂糖や脂肪分が多く含まれているので少しの分量でも食事1食分に相当する事があります。

お菓子に含まれる砂糖は体内で分解されて血糖値を急上昇させます。

体の中の過剰な糖は内臓脂肪になりやすくインスリンの働きにも悪影響を及ぼします。

ケーキやシュークリームに含まれるバターや生クリーム、スナックに含まれる油分などの脂肪も内臓脂肪を増やしやすくします。

内臓脂肪だけでなく、中性脂肪コレステロールなどの血液中の脂質も増加させます。


内臓脂肪を減らすためには、食生活の改善だけでなく間食も上手に改善する必要があります。


過剰な血糖値にならないお菓子の適量は最大でも1日200キロカロリー程度になります。


お菓子を食べる時間帯は、体を動かす機会が多い3時前後がよいでしょう。目安の分量は手のひらに乗る程度の分量です。


 必要な間食
食事の間が開きすぎるときは小さなお菓子やおにぎりなどを食べておくと、食事での吸収が高まりすぎず脂肪の蓄積を温和することが出来ます。






ページのTOPに戻る

内臓脂肪と食生活
 ・健康的にやせる
 ・やせるための食事
 ・やせるための食べ方
 ・食事と栄養バランス
 ・食材選びと調理法
 ・お酒と肥満
 ・外食の選び方
 ・間食は上手に食べる

スポンサードリンク





生命保険の入り方ガイド
生命保険の入り方と基礎知識を紹介。

健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー


体脂肪が気になる方に・・・


内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。