減らせ内臓脂肪!内臓脂肪情報>魚介類
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

魚介類

青魚に含まれるEPA、DHAが脂肪の合成を抑え内臓脂肪の蓄積をセーブします。EPA、DHAには血液をサラサラにする効果も期待できます。
  >> ・血液サラサラ情報


内臓脂肪をとる食事で注目したいのがEPA、DHAです。

EPA、DHAはからだの中で合成できない多価不飽和脂肪酸の一種で青魚の脂肪に含まれています。


EPA、DHAは脂肪合成の働きを抑制する効果があり、肝臓で中性脂肪が合成されるのが抑えられます。

中性脂肪の合成が抑えられるので内臓脂肪がつきにくくなります。


EPA、DHAには血圧を下げる、血栓を予防する、アレルギー症状を改善する、ストレスを温和するなどの効果も気合できます。


EPA、DHAを1日2グラム以上取ることが理想とされています。

EPA、DHAは青魚(さば、さんま、あじ)などに多く含まれています。不足する時はサプリメントなどで補いましょう。
  >> ・さばのハーブ焼き
  >> ・簡単料理レシピ






ページのTOPに戻る

食材情報
 ・魚介類
 ・羊肉
 ・豚肉
 ・根野菜
 ・玉ねぎ
 ・キノコ
 ・海藻
 ・こんにゃく
 ・赤と緑の野菜
 ・玄米と雑穀
 ・果物 バナナ
 ・果物 キウイ
 ・発酵食品 納豆
 ・発酵食品 みそ

スポンサードリンク





生命保険の入り方ガイド
生命保険の入り方と基礎知識を紹介。

健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー


体脂肪が気になる方に・・・

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。