減らせ内臓脂肪!内臓脂肪情報>運動の効果を高める
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

運動の効果を高める

運動を行う前に交感神経を刺激して運動効果を高めましょう。


早朝の運動はとても気持ちのよいものです。

寝起きで運動を行うよりも、交感神経を刺激してから運動を行うほうが効果的です。

早起きの方法はこちら >> ・早起きネット


寝起きは副交感神経が優位に働いているため、運動効率を上げるためには交感神経に切り替えてあげます。

運動の前に交感神経を活発にするためには、適度な刺激を与える事です。

運動前に適度な刺激を与える方法として、朝食を食べる、シャワーを浴びるなどです。


 朝食を食べる
起床後は徐々に交感神経が優位に立ってきますが、朝食を食べる事で交感神経に切り替える手助けになります。

かむ回数を増やせば刺激も増え交感神経に切り替わる時間も早くなります。


 熱めのお湯でシャワー
42度程度の熱めのシャワーも効果的です。

シャワーでおなかをマッサージすると内臓の働きも活性化します。

ぬるめのお湯は副交感神経を優位にするのでお奨めしません。ぬるめのお湯は寝る前が効果的です。






ページのTOPに戻る

内臓脂肪を減らす運動
 ・おなか周りのお肉
 ・基礎代謝と有酸素運動
 ・運動習慣をつける
 ・筋トレとストレッチ
 ・運動の効果を高める
 ・全身ストレッチ
 ・上手なウォーキング
 ・ウォーキングストレッチ
 ・短時間エクセサイズ
 ・縄跳び(有酸素運動)
 ・ツイスト運動
 ・日常ながら運動
 ・アクアフィットネス

スポンサードリンク





生命保険の入り方ガイド
生命保険の入り方と基礎知識を紹介。

健康情報
 ・食育インストラクター
 ・日本型薬膳マイスター
 ・調剤薬局事務講座
 ・医療事務講座
 ・メンタルケアアドバイザー


体脂肪が気になる方に・・・


内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。