減らせ内臓脂肪!内臓脂肪を減らす>睡眠時間と肥満
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

睡眠時間と肥満

睡眠時間が5時間未満は肥満になりやすいと言われています。

睡眠不足は代謝機能を低下させ太りやすい体質を作ります。



2万人に行った調査で睡眠時間が5時間未満の人は5時間以上寝ている人に比べ1.4倍肥満になりやすいという結果があります。

小さな子供も睡眠時間が短いと肥満になる可能性があるといわれています。

睡眠は自律神経のバランスを保つために必要不可欠です。

睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌など生体リズムが乱れ代謝機能もスムーズに働かなくなります。

代謝がスムーズに行われないため内臓脂肪がたまりやすくなります。


 


 


ページのTOPに戻る

健康情報

太った原因を探す
 ・おなか周りは大丈夫
 ・隠れメタボに注意
 ・肥満の遺伝子
 ・やせにくい体質
 ・必要なエネルギー
 ・食べ過ぎの原因
 ・夕食の時間
 ・代謝の低下サイン
 ・喫煙とメタボリック
 ・睡眠時間と肥満
 ・運動不足と内臓脂肪
 ・外に出ないと太る
 ・運動後のビール
 ・週一回の運動





カプサイシンでダイエット
内臓脂肪を効率よく燃焼させるためにはエネルギーを効率よく燃焼する事が大切です。

唐辛子の辛味成分カプサイシンは副腎皮質からアドレナリンなどのホルモンの分泌を盛んにします。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。