減らせ内臓脂肪!内臓脂肪を減らす>果物ダイエット
 ・動脈硬化と自覚症状 ・動脈硬化の進行状態 ・動脈硬化と病気

果物ダイエット

果物は糖分が多いので1日200グラム程度が目安です。

数種類の果物を組み合わせると栄養のバランスがよくなります。



果物はビタミンやミネラルが豊富に含まれていますがカロリーも高い食べ物です。

果物はビタミンやミネラルが豊富に含まれているのでたくさん食べたほうが良いと思いがちですが果物だけで食事をしてはいけません。

果物にはビタミンCやカリウム、食物繊維など健康維持に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

同時に果物にはとても吸収の良い果糖やブドウ糖も含まれています。

果物は朝食に食べるようにしましょう。

果物に含まれる糖分が1日の活動をスタートさせるのに素早くエネルギーになるからです。

病人へのお見舞いに果物が選ばれるのも少ない量でもエネルギーに変わるからです。


果物を食べる目安は200グラムです。

みかんなら2個、りんご、梨なら1個が大体200グラムです。

時間がなく皮をむくのがめんどくさい人はバナナがお奨めです。

特に朝食に食べるバナナは栄養補給とダイエットにも最適です。


 


 


ページのTOPに戻る

健康情報

食べ物の知識
 ・お米は太る?
 ・食べないダイエット
 ・果物ダイエット
 ・野菜と野菜ジュース
 ・健康オリーブオイル
 ・卵とコレステロール
 ・肉料理と魚料理
 ・寝る前の食事
 ・スポーツドリンク
 ・水分補給はビール





内臓脂肪を減らす食生活
内臓脂肪は現在の体重を5%程度減らす事で減っていきます。また高血圧、高血糖、血中脂質も同時に改善されていきます。


中性脂肪を下げるサプリメント
VCOが中性脂肪の燃焼を助け、善玉コレステロールをコントロールし、悪玉コレステロールの増加を防ぎます。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。