減らせ内臓脂肪!内臓脂肪を減らす>肉料理と魚料理
 ・動脈硬化と自覚症状 ・動脈硬化の進行状態 ・動脈硬化と病気

肉料理と魚料理

飽和脂肪酸が多く含まれる肉に比べて、魚には善玉コレステロールを増やしたり血液をサラサラにする効果がある不飽和脂肪酸が多くふくまれています。



中高年になると肉料理を控える事が多くなります。

元気な中高年の血液には血清アルブミンが多く含まれている事が報告されています。

アルブミンとは、主に肉などの動物性タンパク質から作られる成分です。

アルブミンは運動能力や脳の働き、病気に対する抵抗力など老化現象の進行阻止に大きく貢献します。

極端に肉料理ばかり食べればメタボリックになる危険性があります。

肉料理、魚料理、どちらかに偏るのではなく満遍なくタンパク質をとるようにしましょう。


内臓脂肪が気になる人は肉を食べる時、場所を選びます。

油分の少ない場所を選び調理方法も蒸す、ゆでる、煮るような料理方法がお奨めです。

ゆで汁や、煮汁に脂が溶け出すのでカロリーを抑えることが出来ます。


 


 


ページのTOPに戻る

健康情報

食べ物の知識
 ・お米は太る?
 ・食べないダイエット
 ・果物ダイエット
 ・野菜と野菜ジュース
 ・健康オリーブオイル
 ・卵とコレステロール
 ・肉料理と魚料理
 ・寝る前の食事
 ・スポーツドリンク
 ・水分補給はビール





内臓脂肪を減らす食生活
内臓脂肪は現在の体重を5%程度減らす事で減っていきます。また高血圧、高血糖、血中脂質も同時に改善されていきます。


中性脂肪を下げるサプリメント
VCOが中性脂肪の燃焼を助け、善玉コレステロールをコントロールし、悪玉コレステロールの増加を防ぎます。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。