減らせ内臓脂肪!食べ過ぎない方法>ゆっくり食べる
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

ゆっくり食べる

一口を15回以上間でゆっくり食べる事で食べすぎを防ぐ事が出来ます。


過食の防止としてゆっくり食べる事を心がけましょう。

脳の満腹中枢が刺激されるまでには食べ始めてから20分くらいかかると言われています。

一気にかきこむように食べてしまうと充分な量を食べても満足できずにさらに食べてしまいます。

最低でも20分はかけるようにしましょう。

ゆっくり食べるための方法としてよくかむ事です。

一口30回が目標ですが、15回以上かむ事から始めてみましょう。

やってみるとなかなか難しく10回ぐらいで食べ物が飲み込まれていることに気が付きます。

特に柔らかいものはすぐに口から消えていきます。

ゆっくりよくかんで食べるためにも、かみ応えのあるものを食べる事も大切です。

食べ物を口に入れたらかんでいるときは箸を置いてみましょう。

かむ回数を数えて食べると気持ちもゆったりとしてきます。

ゆっくり食べるには、ひとりで食事をしないことも大切です。

ひとりで黙々と食べるよりも誰かと一緒に会話を楽しみながら食べたほうが早食いの予防につながります。


 


 



ページのTOPに戻る

健康情報

食べ過ぎない方法
 ・ゆっくり食べる
 ・空腹を我慢しない
 ・おかわりは少し待つ
 ・味は薄味が基本
 ・手間のかかる食べ物
 ・噛みごたえのある食材
 ・食べたら食卓を離れる





内臓脂肪を減らす食生活
内臓脂肪は現在の体重を5%程度減らす事で減っていきます。また高血圧、高血糖、血中脂質も同時に改善されていきます。


ココナッツオイルサプリメント
VCOが中性脂肪の燃焼を助け、善玉コレステロールをコントロールし、悪玉コレステロールの増加を防ぎます。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。