減らせ内臓脂肪!食べ過ぎない方法>噛みごたえのある食材
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

噛みごたえのある食材

よくかむ事で満腹中枢を刺激し食べすぎを防ぐ事が出来ます。

食べすぎを防ぐ事が出来るので内臓脂肪がつくのを防ぐ事が出来ます。



何回も噛んで飲み込むような食べ物のほうが食べ応えがあり満足感が得られます。

よくかむ事で神経ヒスタミンがたくさん分泌され神経ヒスタミンが満腹中枢を刺激して食欲を押さえます。

神経ヒスタミンは交感神経を活発にし、内臓脂肪は交感神経が活発になると分解されやすくなります。

よくかむ事は内臓脂肪の減少につながります。

雑穀を普段のご飯に混ぜる事で白米で食べるよりもよくかむようになります。

野菜ならキャベツ、ニンジン、ピーマンなどでコールスローにすると歯ごたえでかなりあごを使います。

ブロッコリーなどは大きめに切り少し硬めにゆでると良いでしょう。

きのこ類や海藻類はほとんどが低カロリーなのでたくさん食べても安心です。

噛み応えがある食品はほとんどが食物繊維 を多く含んでいます。

食物繊維は便秘の解消になるほかコレステロール低下作用や血糖値の上昇抑制などメタボ予防にもつながります。

野菜や雑穀をたくさん食べて過食予防に努めましょう。


 


 


ページのTOPに戻る

健康情報

食べ過ぎない方法
 ・ゆっくり食べる
 ・空腹を我慢しない
 ・おかわりは少し待つ
 ・味は薄味が基本
 ・手間のかかる食べ物
 ・噛みごたえのある食材
 ・食べたら食卓を離れる





内臓脂肪を減らす食生活
内臓脂肪は現在の体重を5%程度減らす事で減っていきます。また高血圧、高血糖、血中脂質も同時に改善されていきます。


ココナッツオイルサプリメント
VCOが中性脂肪の燃焼を助け、善玉コレステロールをコントロールし、悪玉コレステロールの増加を防ぎます。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。