減らせ内臓脂肪!外食の注意点>脂の多い肉は控える
脂肪の基礎知識 ・内臓脂肪の基礎知識 ・内臓脂肪と生活習慣

脂の多い肉は控える

肉類の脂肪には飽和脂肪酸が多く含まれています。

コレステロールや中性脂肪が気になる人には要注意です。


お肉の選び方のコツを覚えておけば肉料理もメタボノ敵ではありません。

お肉の部位により脂肪の含まれる量は大きく違います。

ばら肉やロースなど脂身の多い部位では高脂質で高カロリーですが、脂身のすくない赤肉を選べば資質が少なくタンパク質はが多く含まれています。

体脂肪の燃焼に効果的なカルニチン も含まれています。


鶏肉は牛肉に比べてカルニチン の含有量は少ないのですが、脂質は少なく低カロリーです。

体重増加を抑えつつエネルギー燃焼に大切な筋肉維持には鶏肉が最適です。

鶏肉の脂肪は皮についているので、皮を取り除くとかなりのカロリーダウンにつながります。


 


 



ページのTOPに戻る

健康情報

外食の注意点
 ・大盛りは控える
 ・麺類の汁は半分残す
 ・コンビ二弁当は控える
 ・外食は定食を選ぶ
 ・食材の多いメニュー
 ・脂の多い肉は控える





内臓脂肪とサプリメント
 ・サプリメントを使う
 ・ビタミンB1
 ・キチンキトサン
 ・レシチン
 ・アルファリポ酸


とろろ昆布の食物繊維でダイエット
とろろ昆布の食物繊維は独特で、薄く削ることで細胞が壊れ食物繊維が小腸の中で溶け出し、食物繊維であるアルギン酸が中性脂肪を取り込み、便として体外に出しやすくします。

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。