減らせ内臓脂肪!内臓脂肪と食べ物>固形の脂は取り過ぎない
脂肪の基礎知識 ・内臓脂肪の基礎知識 ・内臓脂肪と生活習慣

固形の脂は取り過ぎない

固形の脂は中性脂肪やコレステロールを不や寸土え使うなら不飽和脂肪酸が多い植物油を使いましょう。
  >> ・中性脂肪
  >> ・コレステロール



脂は常温で液状のものと、固形のものに分かれます。

脂は肉の脂身(ラード)やバターのように動物性の脂肪で液状のものはほとんどが植物油です。

動物性の脂に多く含まれている飽和脂肪酸は凝固温度が高いので人の体温でも固まりやすく血液の濃度を濃くしていきます。
  >> ・血液サラサラ情報

血液の流れが悪いと血液により運ばれる栄養素の補給、老廃物の排出にも支障が生じ代謝が悪くなります。

代謝が悪くなる事でエネルギーが使われなくなり内臓脂肪が蓄積されていきます。

コレステロールや中性脂肪が増えるので必然的に内臓脂肪がつきやすくなります。


植物油には不飽和脂肪酸が多く含まれています。

不飽和脂肪酸は血液中のコレステロールや中性脂肪を減少させる働きがあります。

オレインサンは悪玉コレステロールだけを減少させる働きがあります。


 


ページのTOPに戻る

健康情報

内臓脂肪と食べ物
 ・発泡酒の効果
 ・食物繊維で便秘解消
 ・水溶性の食物繊維
 ・きのこはダイエット食品
 ・ご飯と雑穀
 ・辛味成分で代謝アップ
 ・固形の脂は取り過ぎない
 ・青魚とコレステロール
 ・ヨーグルトで便秘解消
 ・レモンや梅干の酸味
 ・カルニチンで脂肪燃焼
 ・トクホのお茶
 ・コーヒーの脂肪燃焼効果





カプサイシンでダイエット
内臓脂肪を効率よく燃焼させるためにはエネルギーを効率よく燃焼する事が大切です。

唐辛子の辛味成分カプサイシンは副腎皮質からアドレナリンなどのホルモンの分泌を盛んにします。


内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。