減らせ内臓脂肪!内臓脂肪と食べ物>青魚とコレステロール
脂肪の基礎知識 ・内臓脂肪の基礎知識 ・内臓脂肪と生活習慣

青魚とコレステロール

青魚に含まれるDHA、EPAは体の中の中性脂肪コレステロールを減少させ血液をサラサラにして動脈硬化を予防します。


内臓脂肪が気になる人の多くは中性脂肪やコレステロールも気になりだしているはずです。

コレステロールや中性脂肪が気になる人にお奨めな食材が青魚です。

魚には不飽和脂肪酸が多く含まれているからです。

不飽和脂肪酸は中性脂肪を減らす働きがあることが明らかになっています。

特にDHA(ドコサヘキサクエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)の動脈硬化を予防する働きは広く知られるようになりました。

DHA(ドコサヘキサクエン酸)にはコレステロールの生成を抑える働きがあり肝臓からのコレステロールの分泌を抑える働きがわかっています。

DHA(ドコサヘキサクエン酸)は脳の発育や記憶などの機能の維持にもかかわっていることがわかっています。

内臓脂肪が気になりだしたあなたは、肉料理よりも魚料理を中心に食べるようにしましょう。



 






  

ページのTOPに戻る

健康情報

内臓脂肪と食べ物
 ・発泡酒の効果
 ・食物繊維で便秘解消
 ・水溶性の食物繊維
 ・きのこはダイエット食品
 ・ご飯と雑穀
 ・辛味成分で代謝アップ
 ・固形の脂は取り過ぎない
 ・青魚とコレステロール
 ・ヨーグルトで便秘解消
 ・レモンや梅干の酸味
 ・カルニチンで脂肪燃焼
 ・トクホのお茶
 ・コーヒーの脂肪燃焼効果





カプサイシンでダイエット
内臓脂肪を効率よく燃焼させるためにはエネルギーを効率よく燃焼する事が大切です。

唐辛子の辛味成分カプサイシンは副腎皮質からアドレナリンなどのホルモンの分泌を盛んにします。


内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。