減らせ内臓脂肪!高脂血症情報高脂血症と食事療法>高コレステロール食材のポイント

高コレステロール食材のポイント

コレステロール値が高い人は高コレステロール食品を抑えるようにしましょう。

ただしすべて抑えるのではなく適量をとるようにしましょう。

  >> ・高脂血症基礎知識
  >> ・高コレステロール食品


 



 
高コレステロール食品の代表ですがタンパク質が豊富に含まれ栄養が豊富に詰まっています。

医師の指示がないときは2日に1個程度は問題ありません。ほとんどコレステロールが含まれていない白身の部分は量が多くても安心して食べる事が出来ます。

 肉類
脂身の少ない赤みを食べましょう。レバーはコレステロールの塊です。

ラードやベーコン、ソーセージ、サラミ、レバーは要注意です。

 魚介類
あんこうの肝など魚の内臓やうなぎは控えるようにしましょう。

 牛乳
基本的に飲んでも大丈夫です。

牛乳に含まれるコレステロールは比較的少ないので安心して飲むことが出来ます。

カルシウムが豊富に含まれているので1日にコップいっぱい程度は飲むようにしましょう。

コレステロール値が特別に高い場合は低脂肪牛乳にするようにしましょう。

  >> ・高脂血症基礎知識
  >> ・食事のカロリーガイド
  >> ・ダイエット特集

ページのTOPに戻る

高脂血症基礎知識
 ・高脂血症とは
 ・高脂血症と病気
 ・中高年と高脂血症
 ・高脂血症の原因
 ・高脂血症と病気
 ・高脂血症と自覚症状

高脂血症と脂質
 ・コレステロール
 ・中性脂肪
 ・4つの脂質
 ・血液と脂質
 ・悪玉善玉コレステロール
 ・高脂血症と動脈硬化
 ・肥満と高脂血症
 ・肥満と食事

高脂血症の診断
 ・高脂血症の診断
 ・高脂血症の数値
 ・高脂血症の検査結果
 ・高脂血症の治療

高脂血症と運動
 ・運動の効果
 ・高脂血症と有酸素運動
 ・運動の選び方
 ・運動効果のポイント
 ・運動の強さ
 ・ウォーキングの魅力
 ・水中ウォーキング
 ・準備運動と整理運動
 ・運動は長く安全に
 ・運動と水分
 ・運動のポイント
 ・体を動かす生活

生活と高脂血症
 ・生活の工夫で改善
 ・香でリラックス
 ・ストレスと高脂血症
 ・タバコと高脂血症
 ・お酒と高脂血症

高脂血症と病気
 ・高脂血症と病気
 ・高血圧症
 ・糖尿病

健康情報
 ・コレステロール
 ・内臓脂肪情報
 ・糖尿病情報
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。