減らせ内臓脂肪!>低血圧情報

低血圧情報

血圧とは血液が流れる時血管にかかる圧力です。

低血圧は血圧が低い状態で、朝に弱い、だるいなどに症状が出ることがあります。

血圧には最大血圧と最小血圧があります。

心臓が縮んだとき血液が勢いよく押し出され血圧がもっとも大きくなります。このときの血圧が最大血圧です。

縮んだ心臓が元に戻る時血液が心臓に戻ってきます。このとき血圧は小さくなり最小血圧と呼ばれます。

低血圧で問題になるのが最大血圧です。一般的に最大血圧が100〜110mmHg以下の場合を言います。

最大血圧が100〜110mmHg以下でも辛い症状が無ければあまり問題になりません。


 本能性低血圧
原因がはっきりと特定できない低血圧の事。
低血圧を引き起こす原因には気温や天候などの環境、食事や運動などの生活習慣、ストレス、体質、遺伝などがあります。
本能性低血圧はこれらの要素が複雑に絡み合っているので原因をはっきりと特定できません。


 二次性低血圧
原因がはっきりと解かっている低血圧の事。
主な原因は病気や怪我など、血圧が低いと言う症状が先にあり検査で病気が見つかる事も珍しくありません。


 起立性低血圧
横になっている状態から立ち上がったときに血圧が下がること。
原因のほとんどは病気によるものです。まれに原因がわからない場合もあります






低血圧基礎知識
 ・低血圧とは
 ・低血圧の種類
 ・本能性低血圧
 ・二次性低血圧
 ・起立性低血圧
 ・年齢と低血圧
 ・貧血と低血圧
 ・低血圧は治る

低血圧の原因
 ・血圧とは
 ・気候と環境
 ・食事と運動
 ・ストレスと低血圧
 ・遺伝と低血圧
 ・病気と低血圧
 ・起立性低血圧
 ・低血圧と生活習慣
低血圧と生活習慣
 ・低血圧と生活習慣
 ・生活習慣を確認
 ・低血圧と生活改善
 ・低血圧と早起き
 ・運動と低血圧
 ・低血圧と乾布摩擦
 ・低血圧とお風呂
 ・低血圧と冷房対策
 ・夏と低血圧

低血圧とストレス
 ・低血圧とストレス
 ・ストレスに弱い人
 ・ストレスを上手に解消
 ・ストレス対策
 ・香でリラックス
 ・音楽でリラックス
 ・散歩でリラックス
低血圧と食生活
 ・低血圧と食生活
 ・消化の良い食べ方
 ・食事の栄養バランス
 ・体温とタンパク質
 ・脂質と低血圧
 ・糖質と低血圧
 ・ビタミンと低血圧
 ・鉄分と低血圧
 ・塩分と低血圧
 ・体温と低血圧

病院と低血圧
 ・症状がひどい時
 ・問診のポイント
 ・低血圧と検査
 ・低血圧と心療内科

ページのTOPに戻る
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。