減らせ内臓脂肪!低血圧情報低血圧の原因>気候と環境

気候と環境

気温が高いと血管が広がり血圧が下がります。

気温や環境なども低血圧に関係しています。


夏は血管が拡張するため血圧が低くなり低血圧になりやすくなります。

冬は寒さによって血管が縮み狭くなった血管を血液が流れるので血圧は上がります。

夏になると気温が上がり血管が広がり広がった血管を血液が流れるので血圧は下がります。


低血圧の人が夏に不調になるのには理由があります。

夏は暑く普通の人でも体力を消耗します。体力の無い低血圧の人にとってはとても辛いものになります。

日中の疲れと睡眠不足で疲労がたまり暑さで食欲も落ちていき体力がますます落ちていく悪循環になります。


低血圧の人は血行が悪い人が多いのですが冷房の冷えがさらに悪化させていきます。

血行が悪くなり体の機能が全体的に低下するため様々な不調が出るようになります。


   


 


ページのTOPに戻る

低血圧の原因
 ・血圧とは
 ・気候と環境
 ・食事と運動
 ・ストレスと低血圧
 ・遺伝と低血圧
 ・病気と低血圧
 ・起立性低血圧
 ・低血圧と生活習慣

病院と低血圧
 ・症状がひどい時
 ・問診のポイント
 ・低血圧と検査
 ・低血圧と心療内科


自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。