減らせ内臓脂肪!低血圧情報低血圧の原因>食事と運動

食事と運動

食事は体を動かすためのエネルギーになり、エネルギー不足は低血圧の症状が出やすくなります。



規則正しい食事、適度な運動、休養は健康を維持するための生活習慣の基本です。

食事は消化吸収され血液に溶けて全身の細胞に運ばれて体を動かすエネルギーになります。

食事をしっかり取らないと細胞に必要な栄養が行き届きません。

体の細胞にエネルギーがいきわたらなければ体の機能は全体的に落ちてしまい血圧は下がりやすくなりだるさや疲れを感じるようになります。

低血圧の人は胃腸が弱い場合も多く食事の量が少なくなったり、消化吸収が悪くなったりします。

食事の量が少ないため栄養不足になり低血圧を招くと考えられています。


運動をすると心肺数が増え体を循環する血液の量が増加して一時的に血圧も上がります。

運動不足になると一時的に血圧が上がるという効果が得られないので低血圧によって起こる症状を悪化させる事もあります。

運動不足の人はちょっとしたことでもすぐに疲れを感じたりばててしまったりします。

血液の循環もよくないので冷え等の症状も現れやすくなります。


   


 


ページのTOPに戻る

低血圧の原因
 ・血圧とは
 ・気候と環境
 ・食事と運動
 ・ストレスと低血圧
 ・遺伝と低血圧
 ・病気と低血圧
 ・起立性低血圧
 ・低血圧と生活習慣

病院と低血圧
 ・症状がひどい時
 ・問診のポイント
 ・低血圧と検査
 ・低血圧と心療内科


自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。