減らせ内臓脂肪!低血圧情報低血圧の原因>ストレスと低血圧

ストレスと低血圧

長期間ストレスを感じていると自律神経などに影響を及ぼし血圧が低下する原因となることがあります。


ストレスは人生のスパイスとも言われ悪いものばかりではなく私達に必要なものです。

しかし強すぎるストレスは問題になります。

ストレスを解消できずにいると自律神経の働きや体の調整をしているホルモンの分泌が乱れて体に不調が起こります。

ストレスによる体の不調は様々なものがあり胃潰瘍や頭痛、肩こり、目の疲れなどがあります。

低血圧もストレスが原因で起こる一つと考えられています。

ストレス解消にはカルシウムを取るようにしましょう。カルシウムが多く含まれる食品は乳製品です。

特に牛乳はカルシウムを吸収しやすいのでオススメです。牛乳1杯で1日に必要なカルシウムの30%補給できます。



   


 



ページのTOPに戻る

低血圧の原因
 ・血圧とは
 ・気候と環境
 ・食事と運動
 ・ストレスと低血圧
 ・遺伝と低血圧
 ・病気と低血圧
 ・起立性低血圧
 ・低血圧と生活習慣

病院と低血圧
 ・症状がひどい時
 ・問診のポイント
 ・低血圧と検査
 ・低血圧と心療内科


自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。