減らせ内臓脂肪!低血圧情報低血圧と生活習慣>夏と低血圧

夏と低血圧

春先から夏にかけては低血圧の人にとって非常に過ごしにくい季節になります。

血管が開いて血圧が下がるので低血圧の症状が出やすくなるからです。


春から夏にかけて気温が上がるのに伴って血管が開いてくるため低血圧の症状が出やすくなります。

春先から夏にかけては気温が高い昼間は極力出歩くのを避けるようにしましょう。

運動や買い物は比較的涼しい夕方にするのがお奨めです。

昼間に出歩く時は短時間で用事を切り上げるようにしましょう。短時間で切り上げられない時は休憩をこまめにとることが大切です。

夏は暑いので寝苦しく睡眠不足になったり疲れが残ったりしやすいので低血圧の症状を悪化させる原因の一つになります。

寝室をあらかじめ冷やしておくなど上手に工夫してしっかり眠れるようにしましょう。

扇風機は直接体に当たらないようにします。部屋の空気を循環させて室温を適切に保つ効果があります。


 冷房の冷え対策

スカーフ  ・・・ 首が冷えると体が冷えてしまいます。スカーフを首に巻くだけでずいぶん違います。

座布団  ・・・ 椅子に座布団を敷いておくと腰周りが冷えるのを予防できます。

ひざ掛け  ・・・ 足や膝が冷える場合はひざ掛けを用意しましょう。


   


 



ページのTOPに戻る

低血圧と食生活
 ・低血圧と食生活
 ・消化の良い食べ方
 ・食事の栄養バランス
 ・体温とタンパク質
 ・脂質と低血圧
 ・糖質と低血圧
 ・ビタミンと低血圧
 ・鉄分と低血圧
 ・塩分と低血圧
 ・体温と低血圧

食習慣の改善
 ・食事の量を知る
 ・食生活の見直し
 ・食べ過ぎを予防する
 ・朝食を食べる習慣
 ・夕食のエネルギー配分
 ・外食メニューの選び方
 ・間食の注意点
 ・お酒は適量を守る
 ・食生活の改善を持続する

自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ 減らせコレステロール!

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。