減らせ内臓脂肪!低血圧情報低血圧と食生活>体温とタンパク質

体温とタンパク質

低血圧の人にとってタンパク質を充分にとることは大切な事です。タンパク質は沢山の食品からとったほうが体の中で効率よく利用されます。
  >> ・食事の栄養バランス


低血圧の人は夜眠る事が出来なかったり朝起きても体が元気に動かない事があります。

原因として手足が冷えて眠れない、朝起きても体が温まらないなどが考えられます。

低血圧の人はタンパク質を充分にとるようにしましょう。

タンパク質は体を作る元になるばかりでなく、体温を上げる作用があるからです。

疲れを癒したり頭をしゃきっとさせたり気持ちを落ち着かせるなどの効果もあります。

タンパク質がたりないとスタミナがなくなり、頭がボンヤリしたり気がめいりがちになります。


タンパク質は約20種類あり特に大切なものが9種類の必須アミノ酸です。必須アミノ酸は体では作り出す事が出来ないので食事からとるしかありません。

必須アミノ酸は9種類が協力して働くのでバランスよく食品からとることが大切になります。

タンパク質は肉や魚、乳製品に多く含まれていますが食品によって含まれるアミノ酸はそれぞれ異なります。

必須アミノ酸をまんべんなくとるためには何種類かの食品を組み合わせて食べるのが理想的です。


タンパク質が多く含まれる食品
肉類、魚介類、卵、豆腐、乳製品


   


 



ページのTOPに戻る

低血圧と食生活
 ・低血圧と食生活
 ・消化の良い食べ方
 ・食事の栄養バランス
 ・体温とタンパク質
 ・脂質と低血圧
 ・糖質と低血圧
 ・ビタミンと低血圧
 ・鉄分と低血圧
 ・塩分と低血圧
 ・体温と低血圧


自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。