減らせ内臓脂肪!低血圧情報低血圧と食生活>塩分と低血圧

塩分と低血圧

低血圧の人は薄味を好むので塩分の摂取量も少なめです。

塩分には血圧を上げる作用があるので気持ち多めにとるようにしましょう。

  >> ・食事の栄養バランス


食塩にはナトリウムと言うミネラルが入っていて血圧を上げるように働いています。

低血圧の人は塩分を多めにとることで血圧を上げる事が出来ます。

塩分の取り過ぎは体に良くありません。塩分の取り過ぎは高血圧になる事があります。

低血圧の人は薄味好みの人が多いのでむやみに塩辛くしても食べにくくなるだけです。

塩分を取り過ぎれば喉が渇くので水をがぶ飲みしお腹が膨れるので食事を取れなくなるかもしれません。

塩分を多く取るといってもいつもの料理を気持ち濃い目の味付けにするぐらいに考えるようにしましょう。


塩分は食塩だけでなく醤油や味噌などの調味料にも含まれています。これらをうまく使って味に変化をつけ塩分をとるようにしましょう。

料理の味を変えたくない人は味噌汁や、うどん、ソバ、ラーメンなどの汁を一口多めに飲んだり漬物をちょっとつまむだけでも塩分の補給になります。


かまぼこやハムなどの加工食品は塩からいとは感じませんが沢山の塩を使っているので上手に利用しましょう。


   


 



ページのTOPに戻る

低血圧と食生活
 ・低血圧と食生活
 ・消化の良い食べ方
 ・食事の栄養バランス
 ・体温とタンパク質
 ・脂質と低血圧
 ・糖質と低血圧
 ・ビタミンと低血圧
 ・鉄分と低血圧
 ・塩分と低血圧
 ・体温と低血圧


自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。