減らせ内臓脂肪!低血圧情報病院と低血圧>低血圧と検査

低血圧と検査

低血圧で見られる様々な症状はほかの病気が原因で起こることもあります。

病院で検査を受けて症状の原因が本当に低血圧かどうか突き止めることが大切です。

病院と低血圧
 ・症状がひどい時
 ・問診のポイント


病院では血圧を測り起立性低血圧との鑑別を行います。

低血圧かどうかは血圧を測ればすぐにわかります。

めまいや立ちくらみがひどい場合は、横になった場合と起き上がった状態の血圧を測り起立性低血圧かを判断します。

低血圧か、それ以外の低血圧なのかを区別するために検査が行われます。

血圧測定で血圧が低い事がわかれば、血圧が低い原因が何かの病気でないかを調べます。


 低血圧の診断で行われる検査
血液検査、尿検査は貧血、糖尿病、脱水などを調べます。ホルモンについて調べる事もあります。

胸部エックス線、心電図は心臓病や起立性低血圧、起立性調節障害の有無を調べます。

脳のCT検査は脳梗塞や脳血管障害、脳腫瘍で起こる低血圧を調べます。


   


 



ページのTOPに戻る

病院と低血圧
 ・症状がひどい時
 ・問診のポイント
 ・低血圧と検査
 ・低血圧と心療内科

サプリメントの基礎知識
 ・サプリメントとは
 ・サプリメントの種類
 ・特定保険用食品
 ・サプリメントの必要性
 ・サプリメントの副作用
 ・薬との違い
 ・薬とサプリの併用
 ・サプリと食べ合わせ
 ・サプリメントのラベル
 ・基本は食事

自律神経失調症と低血圧
自律神経失調症でも低血圧は起こります。


話題のタニタ製品で理想のカラダを実現!
タニタの製品を使って健康つくり。今なら最大40%OFFです。

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。