減らせ内臓脂肪!血糖値情報血糖値の基礎知識>糖尿病と合併症

糖尿病と合併症

糖尿病で初期に症状が現れやすいのは糖尿病神経障害です。

糖尿病の合併症には急に重症化する急性合併症と、高血糖の持続による慢性合併症があります。


慢性合併症は症状により血管障害型とその他の合併症に分けることが出来ます。

血管障害型は細小血管症と大血管症に分けることが出来ます。

糖尿病の3大合併症といわれる神経障害、網膜症、腎症は細小血管症になります。


高血糖により障害を受けやすい神経は中核神経から枝分かれして体の隅々まで走っている末梢神経です。

末梢神経には手足を動かす運動神経と、暑さや冷たさを感じる知覚神経、内臓の働きなどを調節する自律神経があります。

糖尿病で神経障害が起こると非常に多彩な症状が現れます。


神経障害はほかの合併症と比べて初期の段階から自覚症状が現れやすい特徴があり糖尿病を知らせるシグナルにもなります。


最初に足の痺れと痛みが出ることが多く、ふくらはぎのけいれんや立ちくらみ、発汗異常、下痢、便秘なども見られます。


進行すると血管障害、神経障害などの要因が重なり足先の壊疽を起こしやすくなります。


 糖尿病3代合併症の症状

神経の障害
手足のしびれ、知覚鈍感、神経痛、発汗、めまい、下痢、腸症状など

目の障害
自律神経の失調により瞳孔の異常、糖尿病網膜症、糖尿病白内障など

腎臓の障害
糖尿病腎症、ネフローゼ症候群など


ページのTOPに戻る

血糖値の基礎知識
 ・インスリンとは
 ・高血糖と生活習慣
 ・遺伝と糖尿病
 ・高血糖の症状
 ・定期健診で発見
 ・高血糖と病気
 ・糖尿病と合併症
 ・動脈硬化と合併症
 ・食生活と血糖値
 ・高血糖と食事リズム
 ・高血糖と運動
 ・メタボのリスク
 ・肥満度を確認


健康情報


糖尿病とは
 ・糖尿病の基礎知識
 ・増える糖尿病
 ・生活習慣と糖尿病
 ・糖尿病と合併症
 ・高血糖の仕組み
 ・症状の注意点
 ・糖尿病のタイプ
 ・1型糖尿病とは
 ・2型糖尿病とは
 ・糖尿病と昏睡
 ・糖尿病と肥満
お水で健康 -ウォーターサーバーで美味しいお水生活-

心筋梗塞とは
心筋梗塞になると心臓の筋肉が死んでしまい心臓が送り出す血液の量が減り低血圧になります。

糖尿病になりやすいタイプ
糖尿病は遺伝的な要因と生活習慣で決まります。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。