減らせ内臓脂肪!血糖値情報生活習慣の改善>お肉と魚は少な目に

お肉と魚は少な目に

主菜の材料になるお肉や魚は低脂肪の食品を優先して使うようにしましょう。


肉や魚は主にタンパク質の供給源になるものですが同時に脂肪も多く含んでいます。

脂肪を含む量によってエネルギーは大きく変わってきます。

脂肪が多い食材は使用する量を減らすようにしましょう。

低脂肪の食品を使えば、同じカロリーでも多く食べる事が出来ます。

肉の種類、部位、脂身や皮の有無でエネルギーの量は大きく変わってきます。


 カロリーを減らす料理のコツ

揚げ物や炒め物の回数を減らし、蒸す、ゆでる料理を増やす。

料理中に出た余分な脂はキッチンペーパーでこまめに取り除く。

揚げ物は材料を大きめに切り油の吸収面積を少なくします。

トンカツは特に高カロリー食材なので食べる回数を減らす。

肉を焼く時はグリルパンや網を使うと余分な油を落とす事が出来ます。


   


ページのTOPに戻る

生活習慣の改善
 ・無理の無い目標
 ・食事日記をつける
 ・朝型食生活
 ・食事は1日3食
 ・外食と手作り弁当
 ・夕食の時間
 ・野菜を多めに食べる
 ・お肉と魚は少な目に
 ・低脂肪の食事
 ・素材の味を楽しむ
 ・よく噛んで食べる
 ・食事に満足感をもつ
 ・余分な買いだめはNG


健康情報


メタボメ茶で楽々ダイエッ
毎日きちんと食事制限と運動を行うのはとても大変ですよね。そこでダイエットのサポートとして飲んでみたいのがメタボ茶です。メタボメ茶はカロリーゼロなので何杯飲んでも太ることはありません。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。