減らせ内臓脂肪!血糖値情報生活習慣の改善>よく噛んで食べる

よく噛んで食べる

早食いは食べ過ぎや食後の血糖値の急上昇につながるので注意しましょう。

食事はゆっくりとよく噛んで食べる事が基本です。


早食いやドカ食いは血糖値改善にとって好ましいものではありません。

太っている人の食べ方は早食い、ドカ食い、ムラ食いなど不規則な食事によるあくえいきょうがあります。

早食いが食べ過ぎや肥満につながりやすいのは血糖値のブドウ糖が関係しています。

お腹がいっぱいになる情報は胃ではなく食後に上昇する血液中のブドウ糖によって大脳に伝えられます。

早食いだとブドウ糖による脳へのサインが遅れてしまい大脳に情報が届いた時には食べ過ぎてしまっている事になります。

ゆっくり一口ずつよくかむと唾液が多く出て交じり合うなど消化吸収もゆっくり進み食後の血糖値も緩やかに上昇します。


ゆっくりよく噛んで食べると大脳の満腹中枢を刺激して食べすぎを抑えることが出来ます。


エネルギーが適量で栄養バランスもととのった食事でも食べ方によっては良くも悪くもなります。

ゆっくりよくかんで食べるのと、あまりかまずに飲み込む早食いとでは血糖値改善への影響は大きくかわってきます。


   


ページのTOPに戻る

生活習慣の改善
 ・無理の無い目標
 ・食事日記をつける
 ・朝型食生活
 ・食事は1日3食
 ・外食と手作り弁当
 ・夕食の時間
 ・野菜を多めに食べる
 ・お肉と魚は少な目に
 ・低脂肪の食事
 ・素材の味を楽しむ
 ・よく噛んで食べる
 ・食事に満足感をもつ
 ・余分な買いだめはNG


健康情報


メタボメ茶で楽々ダイエッ
毎日きちんと食事制限と運動を行うのはとても大変ですよね。そこでダイエットのサポートとして飲んでみたいのがメタボ茶です。メタボメ茶はカロリーゼロなので何杯飲んでも太ることはありません。
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。