減らせ内臓脂肪!血糖値情報血糖値改善>デザートと間食

デザートと間食

甘いお菓子や飲み物、糖度や脂肪分が多い果物は習慣化せずに食べる場合は80キロカロリー以内に抑えましょう。


 



デザートや間食は1日の適正エネルギーの範囲内でとるのが原則です。

間食として取り入れるならお菓子ではなく、牛乳や果物を食べるようにしましょう。

普通の牛乳よりも低脂肪牛乳の方が同じエネルギーでも量を多くとることが出来ます。


甘いお菓子や飲み物がどうしても食べたい時は80キロカロリー以下に抑えるようにしましょう。

お菓子類は高エネルギーで消化吸収が早い食べ物で血糖値を上げてしまうので糖尿病の人や血糖値を気にする方は控えるようにしましょう。

糖尿病を予防したい人も日常的に食べるのではなく少量でたまに食べるようにします。

お菓子を食べる場合も低エネルギーの人口甘味料を使ったお菓子類にするなどの工夫が大事です。

コーヒーや紅茶に入れる砂糖も菓子類と同様です。

ブラックやストレートで飲む習慣にする、お茶やミネラルウォーターなどのノンカロリーのものにするなど自分に合った甘いもの対策を身につけましょう。


   


関連情報
簡単ダイエット方、食事の最初に野菜を食べる
太っている人は偏食が多く野菜類を食べる量が少ないことがあります。野菜を食べる量が少ないのでビタミン、ミンネラルが少ない場合があります。野菜を上手に食べるようにしましょう。

ビタミン、ミネラル、食物繊維不足の時は野菜を食べるのが一番良い方法です。


ページのTOPに戻る

血糖値情報

血糖値改善
 ・基礎代謝エネルギー
 ・肥満と身体活動
 ・太らない食べ方
 ・食品の組み合わせ
 ・バランスのよい献立
 ・カロリーコントロール
 ・デザートと間食
 ・お酒とおつまみ
 ・量より質の料理
 ・カロリーセーブ
 ・食べすぎを防ぐ

健康雑記
 ・おならと腸内細菌
 ・濃い味は肥満や高血圧を招く
 ・トクホ、サプリは上手に使いましょう
 ・内臓脂肪と生活習慣病
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。