減らせ内臓脂肪!血糖値情報食材選びのコツ>魚介類のコツ

魚介類のコツ

魚介類を選ぶときは低脂肪で高たんぱく質の物を選ぶようにしましょう。

食べ方は焼く、煮る、蒸すなどバラエティーに富んだ調理方法が選べて主菜にピッタリの食材です。


 



魚介類は高たんぱくで主菜の材料になる食品ですがエネルギーの量は種類により違いがあります。

白身魚、赤身魚、青背の魚の順番にカロリーが高くなります。

青背魚のエネルギー量が高いのは脂肪を多く含むからです。

青背魚にはEPA、DHAなどの脂肪酸が含まれ血栓を溶かしたり中性脂肪濃度を抑え、悪玉コレステロールを減らすなどの働きがあります。


いかやタコ、貝類にはタウリンが多く含まれ血圧を下げたり血中コレステロールを低下させる働きがあります。

膵臓からのインスリン分泌を促進し血糖値の急上昇を防いだり血糖の適正値を維持する効果も期待できます。

魚のすり身を使った練り物などの加工品にもEPAやタウリンなどの栄養成分が含まれています。


白身魚、赤み魚
白身魚は比較的低エネルギーでタンパク質が多く含まれています。赤み魚は季節や部位により脂質の量が異なります。

青背魚
EPAやDHAが含まれています。血糖値を下げるタウリン、免疫機能を高めるビタミンEが多く含まれる事も見逃せません。

イカ、海老、タコ
イカ、海老、タコにはインスリンの分泌を促すタウリンが豊富に含まれています。


   


ページのTOPに戻る

減らせ内臓脂肪!
脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報
 ・サプリメント情報
 ・雑穀でダイエット
 ・高脂血症情報
 ・低血圧情報

血液サラサラ基礎知識
 ・動脈硬化と病気
 ・ドロドロ血液

血液と病気
 ・血液の働きと成分
 ・血液と動脈硬化
 ・動脈硬化の原因

お水で健康 -ウォーターサーバーで美味しいお水生活-

心筋梗塞とは
心筋梗塞になると心臓の筋肉が死んでしまい心臓が送り出す血液の量が減り低血圧になります。

糖尿病になりやすいタイプ
糖尿病は遺伝的な要因と生活習慣で決まります。

生命保険一括資料請求!【無料】
複数の生命保険会社に無料で資料請求できる『比較.com』の一括資料請求サービスです。

内臓脂肪が気になる方に

グルコケア 粉末スティック
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。