減らせ内臓脂肪!血糖値情報食材選びのコツ>大豆、大豆製品

大豆、大豆製品

肉や魚とならんで食べたい低脂肪の食物性たんぱく質です。

ハンバーグやステーキ、炒め物など肉の変わりに使うと低脂肪の料理になります。


 



大豆が畑の肉と呼ばれるのは良質のたんぱく質を豊富に含み体内利用率が肉や魚に匹敵するからです。

たんぱく質は丈夫な体つくりに不可欠の栄養素ですが肉類に頼りすぎると脂肪が悪玉コレステロールを増やしてしまいます。


大豆の脂質は血中コレステロールを低下させるリノール酸が主成分なので安心して食べる事が出来ます。

大豆には体内で脂質の酸化を抑制するサポニンという成分が含まれているので血栓や動脈硬化の予防につながります。


大豆は食物繊維を多く含むことも特徴です。

食物繊維は糖質、脂質の吸収を遅らせ血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

大豆にはごぼうの3倍、さつまいもの7倍の食物繊維が含まれています。


大豆に含まれるビタミンQは糖尿病の治療薬にも利用される栄養素で糖質の代謝を促し、血糖を減少させる働きがあります。


大豆はもちろん、豆腐や納豆など大豆製品も大豆の栄養成分を引き継いでいます。

肉や魚とともに大豆や大豆製品をしゅさいのざいりょうに活用しましょう。


   


ページのTOPに戻る

減らせ内臓脂肪!
脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報
 ・サプリメント情報
 ・雑穀でダイエット
 ・高脂血症情報
 ・低血圧情報

血液サラサラ基礎知識
 ・動脈硬化と病気
 ・ドロドロ血液

血液と病気
 ・血液の働きと成分
 ・血液と動脈硬化
 ・動脈硬化の原因

お水で健康 -ウォーターサーバーで美味しいお水生活-

心筋梗塞とは
心筋梗塞になると心臓の筋肉が死んでしまい心臓が送り出す血液の量が減り低血圧になります。

糖尿病になりやすいタイプ
糖尿病は遺伝的な要因と生活習慣で決まります。

生命保険一括資料請求!【無料】
複数の生命保険会社に無料で資料請求できる『比較.com』の一括資料請求サービスです。

内臓脂肪が気になる方に

グルコケア 粉末スティック
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。