減らせ内臓脂肪!血糖値情報食材選びのコツ>果物

果物

果物の糖質は素早く吸収されて血糖値が急激に上がりやすいので食べすぎには注意しましょう。


 



果物には糖尿病を初めとした生活習慣病の予防や健康維持に有効な成分が多く含まれています。

免疫強化や血管、皮膚、粘膜などを丈夫にするビタミンCは果物全般に豊富に含まれています。

水溶性で熱に弱いため生で手軽に食べる事が出来る果物は効率のよい供給源です。

りんごに含まれる水溶性の食物繊維ペクチンは糖質の吸収を妨害する働きがあり血糖値の急上昇を防いで一定値を維持するのに役に立ちます。

カリウムが多く含まれているのも果物の魅力です。

カリウムは幅広い食品に含まれていますが調理での損失が多く、食塩、酒、甘いものなどを食べるとカリウムの消費量が多くなります。

特に糖尿病の人はカリウムが欠乏しやすいので不足しないようにしましょう。

果物を食べる時に気をつけることは消化吸収が早い果糖やブドウ糖を多く含むことです。

体に吸収されやすいので血糖値が急上昇しやすく脂肪に変わりやすい特徴があります。

果物によって脂肪の多いアボガドやドライフルーツのようにエネルギーの多いものもあります。

果物は正常な血糖値を維持する成分も含みますが食べすぎは高血糖や肥満の元になるので注意が必要です。


   


ページのTOPに戻る

減らせ内臓脂肪!
脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報
 ・サプリメント情報
 ・雑穀でダイエット
 ・高脂血症情報
 ・低血圧情報

血液サラサラ基礎知識
 ・動脈硬化と病気
 ・ドロドロ血液

血液と病気
 ・血液の働きと成分
 ・血液と動脈硬化
 ・動脈硬化の原因

お水で健康 -ウォーターサーバーで美味しいお水生活-

心筋梗塞とは
心筋梗塞になると心臓の筋肉が死んでしまい心臓が送り出す血液の量が減り低血圧になります。

糖尿病になりやすいタイプ
糖尿病は遺伝的な要因と生活習慣で決まります。

生命保険一括資料請求!【無料】
複数の生命保険会社に無料で資料請求できる『比較.com』の一括資料請求サービスです。

内臓脂肪が気になる方に

グルコケア 粉末スティック
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。