減らせ内臓脂肪!血糖値情報食材の種類>緑黄色野菜選び

緑黄色野菜選び

糖尿病の人は野菜を食べる量が少ない傾向にあります。

野菜は多彩な栄養成分を含み比較的エネルギー量が低く野菜を多く食べる事で糖尿病の予防にもつながります。


 



葉野菜
ほうれん草、小松菜、春菊、モロヘイヤ、あしたばなど積極的に食べたい緑黄色野菜です。

モロヘイヤはカロテンの含有量が多い上抗酸化作用を発揮するビタミンEも豊富に含まれています。

モロヘイヤのきざむと出る粘りが血糖値の上昇を抑えます。


実野菜
かぼちゃ、トマト、ピーマン、オクラなどが上げられます。

かぼちゃには抗酸化作用があり血液中のコレステロールの血管付着を防ぐビタミンEも豊富に含まれています。

トマトには抗酸化作用のあるリコピンや食物繊維のペクチンなど糖尿病の予防に有効な成分を多く含んでいます。


根、花野菜
ニンジンには緑黄色野菜の中でもカロテンの含有量が豊富です。

カロテンは体の中で必要な量だけビタミンAに変わり残りは強い抗酸化作用を発揮します。

ブロッコリーは血糖値の上昇を抑える食物繊維が豊富でビタミンC、ビタミンEも多く含みます。


   


ページのTOPに戻る

減らせ内臓脂肪!
脂肪の基礎知識
内臓脂肪の基礎知識
内臓脂肪と生活習慣
怖い内臓脂肪
内臓脂肪とメタボリックシンドローム
減らせ内臓脂肪
中性脂肪情報
動脈硬化情報
健康情報

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報
 ・サプリメント情報
 ・雑穀でダイエット
 ・高脂血症情報
 ・低血圧情報

食材選びのコツ
 ・魚介類のコツ
 ・
 ・肉類
 ・大豆、大豆製品
 ・緑黄色野菜
 ・淡色野菜
 ・いも類
 ・海藻
 ・きのこ
 ・米、雑穀
 ・果物

お水で健康 -ウォーターサーバーで美味しいお水生活-

心筋梗塞とは
心筋梗塞になると心臓の筋肉が死んでしまい心臓が送り出す血液の量が減り低血圧になります。

糖尿病になりやすいタイプ
糖尿病は遺伝的な要因と生活習慣で決まります。

生命保険一括資料請求!【無料】
複数の生命保険会社に無料で資料請求できる『比較.com』の一括資料請求サービスです。

内臓脂肪が気になる方に

グルコケア 粉末スティック
内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。