減らせ内臓脂肪!糖尿病の基礎知識>糖尿病の仕組み
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

糖尿病の仕組み

糖尿病はインスリンの作用不足が原因で起こります。インスリンが果たしている役割や血糖値との関係が重要になってきます。


血液の中には常に一定のブドウ糖が保たれています。

体の中で分泌される数種類のホルモンが血糖値を調整しているからです。健康な人でも一日の内で多少は血糖値が変動します。

血糖値が下がるとグルカゴンやアドレナリンが働き血糖値を挙げるように働き、食事の後血糖値が上がるとインスリンが血糖値を下げるように働きます。


 インスリンの主な働き
肝臓や筋肉でブドウ糖がグリコーゲンに合成されるのを促進する。

肝臓のグリコーゲンがブドウ糖に分解されるのを抑える。

血液中のブドウ糖を筋肉や脂肪細胞などへ送り込む。

脂肪細胞でブドウ糖が脂肪に合成されるのを促進する。



インスリンの作用が足りないと高血糖になります。

インスリンは血糖値の調整に欠かせないホルモンです。

血糖値を上げるホルモンはいくつもありますが、下げる働きをするのはインスリンしかありません。

インスリンの作用が弱くなると高血糖につながり、糖尿病の原因の一つになります。





ページのTOPに戻る

糖尿病の基礎知識
 ・糖尿病の基礎知識
 ・増える糖尿病
 ・糖尿病のおもな原因
 ・糖尿病と合併症
 ・糖尿病の仕組み
 ・糖尿病のサイン
 ・糖尿病と合併症
 ・糖尿病の早期発見


スポンサードリンク



肥満のタイプ
 ・りんご型肥満
 ・洋ナシ型肥満
 ・隠れ肥満

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。