減らせ内臓脂肪!糖尿病の基礎知識>糖尿病と合併症
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

糖尿病と合併症

糖尿病が進むと合併症による症状が出てきます。

目がかすんだり、物が二重に見えるなどの症状は糖尿病性網膜症がかなり信仰しているから起こる病気です。

早急に対処しないと失明など取り返しがつかなくなります。

視力低下の原因が必ず糖尿病とは限りませんが勝手な自己判断はせずに病院で検査を受ける事が大切です。


 糖尿病の合併症による主な病気

傷が治りにくい
糖尿病が進むと抵抗力が低下するため皮膚にできものが出来やすくなったり傷が化膿しやすくなります。

目のかすみ、視力が落ちす
目が疲れやすい、かすむ、急激な視力の低下など。めがねをかけてもよく見えないときは糖尿病による網膜症の疑いがあります。

立ちくらみがする
自律神経が侵されると立ちくらみを起こしやすくなります。異常に汗をかいたり冷え、便秘、下痢などの症状も出てきます。

手足の痺れ
手足の先がしびれたりピリピリ傷む症状は知覚神経の障害によって起こります。

足のむくみ
糖尿病性腎症が進行すると足のむくみ、血圧上昇などの症状があらわれてきます。





ページのTOPに戻る

糖尿病の基礎知識
 ・糖尿病の基礎知識
 ・増える糖尿病
 ・糖尿病のおもな原因
 ・糖尿病と合併症
 ・糖尿病の仕組み
 ・糖尿病のサイン
 ・糖尿病と合併症
 ・糖尿病の早期発見


スポンサードリンク



肥満のタイプ
 ・りんご型肥満
 ・洋ナシ型肥満
 ・隠れ肥満

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。