減らせ内臓脂肪!糖尿病と食事療法>食事制限のコツ
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

食事制限のコツ

糖尿病の食事療法には食事制限を行うことで感じる物足りなさがあります。

食事を少し工夫する事で満足感のある食卓を演出する事が出来ます。

食事療法を始めると多くの人が以前よりも食事の量を制限される事になります。

今まで好きなものを好きなように食べていた人は空腹感と苦痛に悩まされる事になります。

最初は物足りないと感じる食事でも、続けているうちに自然に体が慣れて生きます。

食事の満足感は見た目などの心理的なものだけでもかなり違ってきます。

食事制限を乗り切るためにはお腹も心も満足できる食事をすることです。

お腹を満足させるために量を多く食べられる食品を選ぶようにしましょう。

同じカロリーをとるにしても食品の選び方で食べられる量が違ってきます。

油分の少ない魚やお肉の部位を使えば同じカロリーでも量を沢山食べる事が出来ます。

野菜やきのこ、海藻、コンニャクなどの低カロリー食品を上手に利用すれば料理にボリューム感を出すことが出来ます。

見た目を多くするためにお肉は骨付き、魚は頭付きにすると食べられませんが料理は大盛りに見えます。

料理の品数は豪華な一品よりも食卓に沢山器が並んでいる方が見た目にも満足感をあたえられます。

食事を始める時にスープやお吸い物などを飲んである程度お腹を膨らませておくと食べたりない感じを防ぐ事が出来ます。


食事で満足感を感じるのはお腹ではなく脳にある満腹中枢です。

満腹中枢は食事を始めてからしばらくすると刺激されるので、食べるスピードが早ければ満腹感を感じる前に食事が終わり欲求不満になります。

食事は早食いをやめゆっくりと食べる事で満腹中枢が刺激され食べすぎを防ぐ事が出来、ある程度の食事量でも満足できます。

食事は会話を楽しみながらゆっくりと食べる事が大切になります。





ページのTOPに戻る

糖尿病と食事療法
 ・食事療法の基本
 ・大事な食生活
 ・適正なエネルギー
 ・栄養バランスを考える
 ・食事制限のコツ
 ・油に注意
 ・外食の選び方


血糖値が気になる方に

フィットライフコーヒー 60包  【送料無料】  血糖値が気になる方に【特定保健用食品】



スポンサードリンク





コレステロール改善
コレステロール改善商品を紹介。

内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。