減らせ内臓脂肪!糖尿病と運動療法>運動時間
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

運動時間

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法と運動療法です。
 >>糖尿病と食事療法の紹介

運動選びのポイントは、無理なく出来、1人で手軽に始める事が出来る、体調に合わせて強度を調整できる事が理想です。

運動の時間は運動の強度にもよりますが、30分ぐらいを目安にすると良いでしょう。

肥満の解消が目的の場合、脂肪を燃焼しやすくするために最低でも20分以上継続して行うことが必要です。

運動によるエネルギー消費量は運動の強度と持続時間によって決まります。

運動を行うと最初の20分程度は筋肉に蓄えられたグリコーゲンが使われ血糖値を下げる効果があります。

20分を過ぎた頃から脂肪細胞に蓄えられた脂肪が使われていきます。


食事直後の運動は糖質の消化、吸収を悪くするので避けるようにしましょう。

経口血糖降下薬やインスリンを用いている人は早朝や空腹時の運動は低血糖を起こしやすいので注意が必要です。





ページのTOPに戻る

糖尿病と運動療法
 ・運動の効果
 ・運動の前に確認
 ・運動選びのポイント
 ・全身運動
 ・運動時間
 ・運動とストレッチ
 ・ウォーキング


踊って踊ってダイエット♪
ダンスや武術の動きなどを組み合わせたユニークなエクササイズです。


運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態



スポンサードリンク



内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。