減らせ内臓脂肪!糖尿病と運動療法>運動とストレッチ
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

運動とストレッチ

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法と運動療法です。
 >>糖尿病と食事療法の紹介

急に運動を行うと筋肉や関節を痛めるなど怪我をすることがあります。運動の前には必ずストレッチを取り入れるようにしましょう。

準備運動もなしにいきなり運動をするのは禁物です。

毎回運動を始める前には準備運動としてストレッチを行いましょう。

ストレッチはゆっくり体を曲げたり伸ばしたりする運動で筋肉や腱をほぐす効果があります。

運動の最後にストレッチを行えば整理運動にもなります。

運動で張った筋肉を緩め筋肉にたまった疲労物質が取れやすくなります。


ストレッチを行う時の主なポイントを紹介します。

ストレッチを行うときは息は止めずに自然に呼吸をしながら行います。

息を止めると筋肉が緊張し伸びにくくなります。

反動をつけて急激に伸ばすと筋肉や腱を傷める恐れがあります。ほどよい緊張を感じるところまでゆっくりとのばしそのまま10秒程度静止します。

痛みを感じるほど無理をしてはいけません。

ストレッチは雨の日など屋外での運動ができない時に行うのも有効です。

仕事や家事の合間に手軽に出来るので毎日の生活に取り入れるのも効果的です。





ページのTOPに戻る

糖尿病と運動療法
 ・運動の効果
 ・運動の前に確認
 ・運動選びのポイント
 ・全身運動
 ・運動時間
 ・運動とストレッチ
 ・ウォーキング


踊って踊ってダイエット♪
ダンスや武術の動きなどを組み合わせたユニークなエクササイズです。


運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態



スポンサードリンク



内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。