減らせ内臓脂肪!糖尿病と運動療法>ウォーキング
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

ウォーキング

糖尿病の治療の基本となるのが食事療法と運動療法です。
 >>糖尿病と食事療法の紹介

運動を行う前には必ずストレッチを行うようにしましょう。
  >> 運動とストレッチ


いつでも手軽に出来るウォーキングは運動療法に最適です。

中程度の強さの運動を出来るだけ長時間続けることが理想である運動療法にとってウォーキングは最適です。

ウォーキングはジョギングのように膝や足首の関節に負担をかけることも少なく運動を行っていない人や中高年の人でも安全に行うことが出来ます。

ウォーキングは正しい姿勢で効果的に歩く事が大切です。
  >> ・ウォーキングとダイエット

歩くといってもダラダラ歩いていたのではあまり効果はありません。背筋を伸ばして腕を大きく振り、いつもより大きな歩幅で歩く事が大切です。

足だけでなく、腕や背中、お尻など全身の筋肉を使う事が出来ます。

感覚的に歩きながら会話が出来る程度の早足で20分から30分程度行うのが理想です。

歩く時はウォーキングシューズなどクッション製のある靴を履くことが大切です。 

通勤時間などを利用して歩く時は、革靴は足を痛めたり転倒などの危険性があるため運動靴を持参すると良いでしょう。





ページのTOPに戻る

糖尿病と運動療法
 ・運動の効果
 ・運動の前に確認
 ・運動選びのポイント
 ・全身運動
 ・運動時間
 ・運動とストレッチ
 ・ウォーキング


踊って踊ってダイエット♪
ダンスや武術の動きなどを組み合わせたユニークなエクササイズです。


運動とダイエット
 ・運動の効果
 ・ダイエットの運動
 ・運動の量
 ・生活と運動
 ・運動と健康状態



スポンサードリンク



内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。