減らせ内臓脂肪!糖尿病と合併症>慢性合併症
 内臓脂肪は落ちやすい 基礎代謝と物質代謝

慢性合併症

糖尿病の慢性合併症は細小血管の障害で起こります。

慢性合併症は糖尿病の人だけにあらわれるとくゆうな病気と、糖尿病があることで起こりやすくなる病気に大別できます。


糖尿病の3大合併症といわれている網膜症、腎症、神経障害は細小血管の障害が原因で起こる糖尿病に特有の合併症です。


糖尿病があることで起こりやすくなる合併症には動脈硬化、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、白内障、緑内障、脂肪肝、高血圧などがあります。

糖尿病になると抵抗力や免疫力の低下により肺炎や膀胱炎、腎盂腎症などの感染症にかかったり、足の病気を潰瘍や壊疽などに悪化させやすい事が知られています。

慢性合併症の多くは初期の内は自覚症状がないので定期検査などで出来るだけ早く発見し悪化させる前に治療を開始する事が大切です。





ページのTOPに戻る

糖尿病と合併症
 ・糖尿病と合併症
 ・慢性合併症
 ・急性合併症
 ・糖尿病性網膜症
 ・糖尿病腎症
 ・糖尿病性神経障害
 ・動脈硬化
 ・白内障
 ・緑内障
 ・様々な感染症


スポンサードリンク




内臓脂肪関連書籍 ダイエット情報 メール サイトマップ

Copyright(C) 減らせ内臓脂肪! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

減らせ内臓脂肪!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
減らせ内臓脂肪!の無断転載、無断コピー、を禁止します。